30代の普通のリーマンが始めた不動産投資

年収400万の普通の30代がどうやって不動産投資を始めたかを記したブログです

不動産収入を増やすコツ



 

鈴木雄一さんのように買い増しをしていって不動産収入を増やしていくのは、一般的な収入しか無いサラリーマンにはなかなか難しいことでしょう。一気に増やそうと思うから失敗するのであって、きちんと資金計画を立てて家を買い増していけば、20年後にはきっとあなたは働かなくても生活できるだけの収入を得られるはずです。

まあそんなことを言っても私自身も毎回不動産を購入するときには、清水の舞台から帯降りるぐらいに決断をしているし、何とかこの物件が失敗に終わってもリカバリーできるぐらいの余裕は残しているわけですけどね。この余裕を残す、リカバリーが聞くようにしておくというのは非常に重要であり、手元にキャッシュが一部は残るようにしておかないと、余裕がなくなって正しい決断力がなくなってしまうのです。この部分も鈴木雄一さんのセミナーではよく言っていました。

手元に現金を残すにはやはり別の確実に儲けられる収入源も欲しいところでしょう。株やFXなどの投資では相場の変動でもとに投資した金額より少なくなってしまうことはあります。本業のサラリーマンで大きな収入を得ていれば問題ないのですが、それなら不動産投資でお金を稼ぐ必要もないかもしれません。

でもサラリーマンをやっていると、どうしても時間的な制限が出てきてしまいますし、人生を謳歌するという意味では、よほど仕事の鬼でもない限りは遊べないですよね。

人生を豊かにするという意味でも不動産投資をするということは、あなたの人生にきっと大きな意味を与えてくれるものです。

不動産を増やすためには性格に判断を下せる判断力を身に着けなければいけません、そのためには毎回「ここで失敗したら破産だ」というような危険な橋をわたることはなく、多少の失敗は折り込みながら前提としていきます。不動産投資で失敗するというと、一気に首をつるようなオールオアナッシングを想像する人もいますが、実際はせいぜい80%になる程度です。一気に財産を失ってしまうような損失を被ることは、都心を中心に購入していけば絶対にありません。誰も失敗せずに設けるようになった人はいないものであり、それはあの鈴木雄一さんでも例外ではありません。ただリカバリーできるようにキャッシュが必ず残しておいて、だめだったときにはすぐに売却するなどの損切りの旨さも必要になります。こういった損切りに関してはFX等と同様に決断力のある人が成功するといえるのでしょうね。